のぼりの話

のぼりは長方形の布で出来ています。

のぼり旗の意義

のぼりの話

のぼりは長方形の布で出来ています。

乳という名のついた輪が縦横に多数ついていて、T字型のプラスチックのボールに通します。

水を入れたり、セメント製の土台に差して使います。

場所を取らず、出し入れも簡単です。

季節ものの場合、使わないときは畳んでしまっておけます。

新しいのぼりと交換するのも簡単です。

布は昔は木綿でしたが、今は印刷も簡単なナイロンなども使われています。

のぼり製作には、専用の印刷機が使われ、布に直接印刷します。

原稿さえあれば、オリジナルののぼりが出来るのは、一枚づつ印刷するからです。

もちろん、100枚単位の大量発注ならば、単価が安くなります。

大型チェーン店などでは、どの店舗でも同じのぼりを使うようです。

ヘッドライトで反射する蛍光塗料を使ったのぼりや、両面反射でのぼりの角が光るもの、反射するガラズビーズを埋め込んだものが有ります。

暗い交差点や、山道で活躍しそうです。

蛍光色には赤や黄色、緑の目立つ色が使われています。

横長ののぼりもあります。

ポールを使わないので、ベルトでフェンスなどに固定します。

防災用品としてののぼりは、場所を取らないので、常備しておくのに便利です。

使わなくなった時の移動や撤収も簡単です。


Copyright (C) www.fightfannation.com. All Rights Reserved.

のぼり旗の意義