のぼりは幕や旗

のぼりは、幕とも呼ばれ、横型を横断幕、縦型を懸垂幕、垂れ幕などと言います。選挙の時期になると、投票を促すのぼりが立ちます。

のぼり旗の意義

のぼりは幕や旗

のぼりは、幕とも呼ばれ、横型を横断幕、縦型を懸垂幕、垂れ幕などと言います。

横断幕は、スポーツのチームや選手応援用、駅構内の宣伝用、学校の入り口に学校行事の表示、歩道橋の欄干には交通標語などに使われます。

懸垂幕は、百貨店の正面入り口上の壁面に広告用、不動産の募集看板、建設作業現場での施工している会社名や住宅のブランド名・建物名などもあります。

交通標識の中には、街角の電柱などにのぼり旗の「交通安全」や、ロープでつるす三角の「注意」、ヘッドライトで反射して光るのぼりの「夕暮れははやめにライト点灯」もあります。

商店街用に、町おこしのスローガンが入った「がんばれ日本」や「がんばれ東北」の、のぼりがあります。

選挙の時期になると、投票を促すのぼりが立ちます。

選挙の投票日の日付や、投票所を示すのぼり旗も使われます。

選挙演説の際には、立候補者の名前の入ったのぼりを背に、街頭演説が行われます。

立候補者の宣伝カーにも付けられます。

スポーツ大会などで授与される優勝旗のように、共用される旗もあります。

横断歩道に置いてある、手持ちの旗の「横断中」なども共用です。

漁船で使われる、大漁旗のように各自の船専用の旗もあります。


Copyright (C) www.fightfannation.com. All Rights Reserved.

のぼり旗の意義